Fandom

Pokemongo Wikia

ブログの記事を作成

Recent posts

ブログの記事

  • Manaburi

    ウィロー博士からメタモンを発見しましたと報告があがりました。どうやら世界中でゲットされたことが報告されております。

    メタモンは他のポケモンにへんしんすることで知られているため、モンスターが出現しても避けがちなポッポやコラッタなど積極的に捕まえてみましょう!もしかしたらメタモンがへんしんを使っているかもしれません。

    メタモンはジムでもへんしんをすることができ、バトルで最初に顔を合わせたポケモンにへんしんし、タイプと技をコピーします。ジムでのバトルが終わると、メタモンは元に戻ります。

    全文を読む >
  • Manaburi


    Pokémon GO公式 より、日本時間11月23日午前9時から11月30日午前9時まで、手に入れられるXPとほしのすなの量が通常の倍になると発表された。

    XPが倍なのでレベルアップを狙っているトレーナーはこれを機会にポケモンゲットしてXPを稼いでみては如何でしょうか。

    全文を読む >
  • Manaburi

    Pokémon GO のTwitter公式アカウントより、ポケモン出現率とタマゴの孵化について変更されたことが発表された。

    変更ポイントは以下の通り

    • ポッポ、コラッタはタマゴから孵化されなくなる
    • イーブイは5キロのタマゴのみ孵化される
    • ポッポ、コラッタ、ズバットの出現率が低下し、他のポケモン出現率が向上する


    イーブイがフィールドでゲットできなくなることから進化系のポケモンを作りにくくなること、またポッポを大量にストックしておきしあわせタマゴを使った上で一気に進化される"ポッポマラソン"が難しくなるのは間違いないだろう。

    全文を読む >
  • Hanabee

    スマートフォンの画面を見続けなくてもPokémon GOで遊ぶことができるデバイス。「周囲にポケモンが現れた」「ポケストップがある」という 情報をランプと振動で知らせてくれる。ボタンを押すことでポケモンの捕獲を試みたり、ポケス トップで道具を入手したりできる。

    これで、スマートフォンを見続けることなく、家族と一緒にお散歩したり、ジョギングしたり、お出かけできます。

    ポケストップの近くに来るとPokémon GO Plus本体が振動し、ランプが青く点滅。ボタンを押すと、ポケストップに立ち寄り、道具を手に入れることができる。どんな道具をいくつ手に入れたかは「ぼうけんノート」で確認できるほか、スマートフォンの通知機能でも確認が可能。 ポケストップの近くを通ると、Pokémon GO Plus がランプの色と振動パターンで教えてくれる。またそこでボタンを押すと道具を手に入れることができる。さらに、近くにポケモンが出現するとPokémon GO Plus本体が振動し、ランプが緑に点滅。ボタンを押すと、ポケモンを捕まえるためにモンスターボールを投げてくれる。捕獲に成功したか失敗したかは、ランプの色・点滅と振動のパターンで判別することができる。

    と、便利な機能が満載。

    そしてPokémon GO on Apple Watch も発表となった。移動距離と消費カロリーが表示され、どんなポケモンが自分の周りにいるのかもチェックできる。もちろん値段も機能もPokémon GO Plusよりお高いものとなっている。

    全文を読む >
  • Hanabee

    これらの張り紙は不忍池弁天堂の手洗い場のところに掲示されているものらしい。 内容は厳しいものとなっている。 7月スタートのピーク時ほどではないにせよ、上野・不忍池は多くのプレーヤーが集まるポケモンの巣窟。 同様の事例は所々で問題となっているので、禁止とされるのが良いのか、共存できる善処策を考えるのが良いのか、今一度マナーに関して考えてみることも必要だと思う。

    本来ならば、NIAが先導をきってマナー向上のための呼びかけや働きかけをすべき問題だと思うが、それに期待していいのかはまた別の問題。 お寺サンの言い分は迷惑行為だというものだが、これがもし入場料収入なりを得ているのであれば、逆に大喜びしていたであろうし、なんとも説得力に欠ける通告書だ。 しかも境内のすぐ目の前まで露天商がならび、席とテーブルを置いてビールやおつまみの販売までしているのだから、そこで飲酒禁止はあるまい。

    どうすれば上手くいくのだろうね?

    全文を読む >
  • Hanabee

    いよいよ8月。東日本では、花火の本格的なシーズンである。人ごみの中では周りに迷惑を及ぼすので、ぽけぽけすることはあきらめよう。ただし観覧場所で座ったら遊んだっていい。アプリ内のカメラを使うと、画損の保存先がどこになったのか探すのに一苦労したが、ファイル>画像 の階層で写真を見つける事ができる。ポケモンは下の方にとどまるのが好きらしく、なかなか上にジャンプしてくれないので花火と一緒に撮影するにはコツがいる。上手く撮影できる方法があるのならば是非とも伝授願いたく思います。ぐらっちぇ♪ 

    全文を読む >
  • Yazawaloid
    • 特定のポケモンが大量発生するスポットのこと。
    • 1週間に1回アップデートされ、場所が変化する。
    • 7月29日まで存在していたミニリュウの巣(世田谷公園)、ピカチュウの巣(新宿御苑)は消滅したが、別のポケモンが出やすくなった模様。
    • 全てのスポットの出現ポケモンが変更されるわけではなく、例えばコイルはアップデート前も後もお台場に出現しやすい。(あるいはランダムか?)


    ポケモンの巣 巣の場所 最寄り駅/地図
    イーブイの巣 世田谷公園 池尻大橋駅

    地図URL


    アーボの巣 新宿御苑 新宿御苑前駅

    地図URL


    プリンの巣 猿江恩賜公園 住吉駅

    地図URL


    ヒトデマンの巣 駒沢オリンピック公園 駒沢大学駅

    地図URL


    ストライクの巣 隅田公園 本所吾妻橋駅

    地図URL


    エレブーの巣 上野公園 上野駅

    地図URL


    フシギダネの巣 錦糸公園 錦糸町駅

    地図URL


    等々力陸上競技場周辺 武蔵小杉駅からバスで等々力グランド入口

    地図URL


    コダックの巣 光が丘公園 光が丘駅

    地図URL


    メノクラゲの巣 浜離宮恩賜庭園 新橋駅

    地図URL


    マダツボミの巣 昭和記念公園 西立川駅

    地図URL


    タマタマの巣 小金井公園 花小金井駅

    地図URL


    コイルの巣 お台場周辺 台場駅

    地図URL


    平和の森公園 平和島駅

    地図URL


    ビリリダマの巣 お台場周辺 台場駅

    地図URL


    井の頭恩賜公園 吉祥寺駅

    地図URL


    ディグダの巣 日比谷公園 日比谷駅

    地図URL


    コンパンの巣 芝公園 芝公園駅

    地図URL


    サンドの巣 代々木公園 代々木公園駅

    地図URL


    飛鳥山公園 王子駅

    地図URL


    ブーバーの巣 国立競技場周辺 国立競技場駅

    地図URL


    林試の森公園 武蔵小山駅

    地図URL


    ワンリキーの巣 江古田の森公園 新江古田駅

    地 ……


























    全文を読む >
  • Hanabee

    Vixole が発売を計画しているスマートスニーカーには、LEDライトスクリーンと9つのセンサーが埋め込まれている。一体何をするのかというと、この靴はスマホと連動してポケモンが見つかると振動とLEDライトによってプレーヤーにポケモンの居場所を知らせてくれる、というものだ。現在のモデルはプロトタイプで、キックスターターでキャンペーンを展開中。この靴の履き心地が気になるところではあるが、はたしてこれを市場は受け入れるのであろうか。期待して見守ってみよう。

    全文を読む >
  • Hanabee

    事情通によると、現在Nianticでは規約違反を犯したアカウントの削除作業に追われているいるそうだ。この場合、たとえポケコインの残高があろうとも手元に戻ることはない。

    2016年7月31日 14時28分


                           

    Niantic, game developer of Nintendo's smash hit Pokemon GO, Chief Executive John Hanke speaks during an interview with Reuters in Tokyo, Japan July 15, 2016. REUTERS/Toru Hanai

        


    「ポケモンGO」を手掛けるNianticのジョン・ハンケCEOは、PokeVisionやPokeRadarといったサードパーティ製ツールに否定的な考えを示し、近いうちに何らかの対策を取ることを示唆しました。これらのツールは、「ポケモンGO」を起動せずともポケモンの正確な位置が分かるため、一部ユーザーの間では必須ツールとして重宝されています。


    「ええ、私は嫌いです。面白くないですね」と、率直にPokeVisionなどのサードパーティ製アプリに対する感想を語るのは、「ポケモンGO」の生みの親であるジョン・ハンケ氏です。

    (ツールを使っている)ユーザーは自分自身のことを傷つけているんですよ。なぜってゲームから楽しみを奪い取ってしまうものですから。データを抜こうと我々のシステムをハッキングしているだけでなく、規約違反を起こしているんです。

    そもそも、こういったツールが流行る一因は、ゲーム内の足あとシステムが機能していない――さらにアップデート後には削除された――ことにあるはずですが、あく ……




    全文を読む >
  • Hanabee
    • トレーナーアバターがプロフィール画面から再編集可能になった
    • 一部の技のダメージの調整
    • ジムのアニメーションの一部調整
    • メモリー問題の改善
    • 近くのポケモンから足あとを削除
    • エンカウント中のバグの修正
    • ポケモンの詳細画面の更新
    • メダル画像の更新
    • マップ表示の不具合の修正
    • 一部テキストの修正
    • Quick move Bubble had a +10 buff from 15 damage to 25.
    • Quick move Rock Smash had a +10 buff from 5 damage to 15.
    • Quick move Psycho Cut had a -8 nerf from 15 damage to 7.
    • Special move Solar Beam had a +55 buff from 65 damage to 120.
    • Special move Hyper Beam had a +50 buff from 70 damage to 120.
    • Special move Body Slam had a -10 nerf from 50 damage to 40.
    • Special move Iron Head had a -10 nerf from 40 damage to 30.
    全文を読む >
  • Voucher

    この炎天下にピカチュウを求め、はるばる北海道からピカチュウ狩ツアーのため新宿御剣を訪れたツアーご一行さまの様子。 新宿御苑のどのあたりにピカチュウがいるのかは地図を拡大して確認してください(笑)

    全文を読む >
  • Hanabee
    日時 ☆2016年7月29日(金)1900〜2100
    場所 ☆秋葉原UDXのビジョン下周辺(ルアーモジュールで桜吹雪を舞わせておきます)
    活動内容 ☆ポケモンやアイテムの収集やジムバトルを皆で行いレベルアップを目指します!!!
    全文を読む >
  • Hanabee
    1)Wikia でアカウントを作成・ログイン
    2)記事投稿もしくはブログ記事を投稿、既存記事の編集などWikiaを活用してもらう
    3)審査員が投稿された記事や編集を確認(3人に1人が当選します)
    4)審査基準は、どれだけ面白いか?目立つか?ためになるか?がポイントです
    5)賞品は次回の「ぽけぽけミート」で手渡し、もしくは郵送。詳しくはWEBにて公開
    全文を読む >
  • Hanabee

    この記事はNIAの川島優志氏がツイートした記事であるが、記事の一部しか一般公開されていなかったので、皆とシェアしたくこちらに転載する。PokemonGoは、スマホゲームの多くが採用している「ガチャ」に対抗した新しいビジネスモデルだ。NIAのCEOジョン・ハンケ氏の目指す「ユーザーのお金に頼らないために用意した仕掛け」でもある。素晴らしいことではないか。ガチャで何百万円もゲームに使ってしまう危険性があるのに、どうしてそんなゲームを友人に勧めることが出来る? Ingress Agentでもある私はこの考えに賛成している。

    2016/7/23 3:30 日本経済新聞 電子版
    スマートフォン(スマホ)ゲーム「ポケモンGO」がついに日本に上陸した。世界中を興奮の渦に巻き込んでいるゲームとはどんなものなのか。
    サラリーマンや学生が行き交う午後6時の東京・新宿駅東口。31歳の男性記者はスマホを取り出し、ポケモンGOのアプリを立ち上げた。


    歩き始めると、ブルブルとスマホが震えた。カメラ機能が起動したスマホをあたりにかざしてみると、路上にカマキリのような姿のポケモン「ストライク」が現れた。画面上の「モンスターボール」を指でこすって投げつける。見事命中し、ボールの中にポケモンをとじ込めた。
    ポケモンGOを開発したのは任天堂ではない。米グーグルから独立したベンチャーの米ナイアンティックだ。2013年に配信した陣取りゲーム「イングレス」が開発の下地となっている。
    スマホの全地球測位システム(GPS)で取得した位置情報を活用。アプリを立ち上げると、本物の地図を元にした別の世界が画面上に広がる。ユーザーはあちこちを歩き回り、ポケモンを探して捕まえる。
    ポケモンに近づくと、スマホのカメラが起動。カメラが映した映像 ……

    全文を読む >
  • Hanabee

    ぐぐたすで、知り合いが新しいPokemonGoの遊び方を解説していた。 その名もYakitoriGoとな。 素晴らしいメニュー揃えのネーミングに感激した♪

    全文を読む >
  • Hanabee

    日本のつわものプレーヤーの方が、コンプ達成率は速くて高くなると思うが、まずはNick Johnsonさんおめでとうございます。さて、以下の記事の中に「タマゴをふかさせるにはなるべく直線で歩くこと」とありますが、これはIngressでいうところのトレッカーと同じ判定基準だからです。 つまりは直線で歩く必要なんて無いのです。サーバーが距離を測定するのは何らかのアクションを起こした地点のログを取っているからです。詳しくはたまご のページで解説します。



    アジア一番乗りの日本では本日から配信が始まったポケモンGOですが、2週ほど前にリリースされた北米では、早くも入手可能なポケモンをコンプリートした猛者が名乗りを挙げました。==

    最速コンプリート達成プレーヤー Nick Johnson によれば、これから挑戦する人へ購入を勧めるアイテムは「良いウォーキングシューズ」。ジョンソン氏のインタビューからは、世界のポケモン分布やコンプリートに向けた戦術、さらには今後のポケモンGOの方向性が見えてきます。



    現時点の北米地域で入手可能なポケモン142体を制覇したのは、米国ニューヨーク在住のニック・ジョンソン氏。

    現在判明している情報では、ポケモンGOには151体のポケモンが存在します。ジョンソン氏の集めた142体ではフルコンプにまだ9体足りませんが、うちミュウやミュウツーを含む6体はこれまで目撃報告がなく、運営の Niantic, Inc. が今後のイベントなどに向けて保留中と考えられています。

    残りの3体は北米地域で目撃・入手情報がなく、それぞれ欧州・アジア・オセアニア地域の限定とされるポケモンです。

    欧州(Mr. Mime / バリヤード) アジア(Farfetch'd / カモネギ) オセアニア(Kan ……





    全文を読む >
  • Hanabee

    今年のフジロックに取材に行った人の話によると、ステージとステージの間の時間や演奏中にさえ「ぽけぽけ」している人が大勢いて、みんな電池切れて泣きそうになっていたらしい。 うーん、笑いごとではありませんね。 これでまた充電用バッテリーが飛ぶ様に売れるのだろうなぁ。

    全文を読む >
  • Hanabee

    いやぁ、皆さんさすがですね♪ PokemonGoしながらスクショ撮るのって、結構タイミングとスマホの持ち方が面倒くさかったりするのですよ。笑わせて貰いました。ありがとうございます。

    全文を読む >
  • Hanabee

    2016/7/22 19:30 日本経済新聞 電子版 に、ナイアンティックの創業者で最高経営責任者(CEO)のジョン・ハンケ氏のインタビューが掲載された。記事の一部しか一般公開されていなかったので、皆とシェアしたくこちらに転載する。


    2016/7/22 19:30

     世界中を熱狂の渦に巻き込んでいるスマートフォン(スマホ)ゲーム「ポケモンGO」の配信が22日、日本でも始まった。開発を主導した米ベンチャー企業、ナイアンティックの創業者で最高経営責任者(CEO)のジョン・ハンケ氏にゲームのコンセプトや開発の経緯、ビジネスモデルなどを聞いた。

    「ポケモンGO」の仕掛け人、米ナイアンティックのハンケCEO(サンフランシスコ市内のオフィスで)

     世界中を熱狂の渦に巻き込んでいるスマートフォン(スマホ)ゲーム「ポケモンGO」の配信が22日、日本でも始まった。開発を主導した米ベンチャー企業、ナイアンティックの創業者で最高経営責任者(CEO)のジョン・ハンケ氏にゲームのコンセプトや開発の経緯、ビジネスモデルなどを聞いた。

    「ポケモンGO」の仕掛け人、米ナイアンティックのハンケCEO(サンフランシスコ市内のオフィスで)

     ――これだけの反響を予想していましたか。

     「イエスでもあり、ノーでもある。家の外に出て体を動かし、新しい場所を発見し、人々と交流するというコンセプトが受けることは(2012年に開発した別の位置情報ゲーム)『イングレス』で実証済みだった。先週末に東京で開いたイングレスのイベントには過去最大の1万人以上のファンが集まった」

     「一方、IP(知的財産)としてのポケモンの強さやキャラクターの魅力もよく承知しており、この2つの組み合わせが素晴らしい結果を生むであろうことは想像できた。ただこれほ ……


    全文を読む >
  • Hanabee

    ポケモンGOの生みの親の一人であるNianticの川島氏が、日本でのローンチに際し偶然にも駅前で新聞記者の方から声を掛けられた、というウソのような本当の話をツイートしていたので、これは貴重なのでそのまんま転載する。 またIngressエージェントの間でもこのネタ話は大きな話題となっている。 彼が取材を受けたのか、ごめんなさいして撮影に応じなかったのかも皆で推測して楽しんでいる。

    川島氏は世界中で誰よりもIngressをけん引して盛り上げてきた立役者であり、ポケモンGOはその遺伝子を引き継いでいるゲームなのだ。 彼は自分の苦労を自ら語ることはないであろうが、これまで開発から何から長い期間に渡り、誰よりも想像を絶する様なすごい努力を続けてきた男だ。 だから今回ポケモンGOが、ダントツ史上最強の日の目を浴びたことに、心からお祝いを申し上げたい。 本当におめでとうございます。

    たぶん川島氏の事だから「まだまだこれから頑張ります」とでも謙遜するのであろうが、今宵の酒は人生でTOP3に入るほどに格別に美味い酒となるであろう。 いやー、本当におめでたい日だ。 重ねてお祝い申し上げます。 万歳!万歳!万歳!万歳!万歳!

    川島氏の人柄はこの記事からも感じることができるであろう。

    『ポケモンGO』Niantic川島優志が岩田聡にメッセージ「ようやくここまで来ました」

    うーん熱い!!!これには私もお祝いしたくなってきたな。それじゃあ、Google PlayカードとiTune Storeカードを取りあえず100枚ずつ、合計200枚をここのポケモンGOウィキアに賞品として出しましょう。投稿してくれた記事や内容が面白いものかどうかを審査して皆にプレゼントしようではありませんか。詳細は追って告知いたします。 ……

    全文を読む >

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki