FANDOM


ここでは実際にポケモンGoをプレイするうえでぜひ持っておきたい周辺機器を紹介していく。

Haijinbattery

廃人プレーヤーのバッテリー

モバイルバッテリー

外で常にスマホを使用することになるうえに、レアポケモンに遭遇したにも関わらず電池切れでは元も子もない。そのために外でも充電が可能なモバイルバッテリーは必須アイテムと言える。ここで注目すべきは容量と大きさ、さらに急速充電に対応しているかどうかである。

容量

モバイルバッテリーの容量は「0000mAh」という単位で表され、この数値が大きいほどスマホを何度も充電することができる。例えばiPhone 6sのバッテリーは1715mAhなので10000mAhのモバイルバッテリーなら約5.5回充電することが可能となる。

大きさ

しかし、容量が大きければ大きいほどバッテリー本体のサイズも大きくなる。常にスマホを手に持つ場合は、長いケーブルを用意するなどして対応するようにしよう。

急速充電

モバイルバッテリーには「00A」という出力が表記されている。これによってスマホの充電にかかる時間が大きく異なる。場合によっては出力よりも消費電力の方が大きいため、スマホを使用しながら充電すると少しずつバッテリーが減っていくことも考えられるので、最低でも出力が2.1A以上のものを選ぶようにしよう。またAnker製のモバイルバッテリーにはPowerIQという機能が搭載されており接続したスマホを自動で認識し、その機種に合わせた最適な出力で充電してくれるのでオススメだ。

  • Anker PowerCoreシリーズ
Amazonで手軽に買うことができるうえに、安価、大容量、安定性、PowerIQ搭載という大人気モバイルバッテリー。
  • Poweradd Slimシリーズ
小型なうえにそこそこの容量を備える。さらに約1,000円と大変手頃なのも魅力。

ケース

ポケモンGoは主に外出先で行うゲームのため、いつどこにどんな危険があるのかわからない。すでにアメリカでは、ゲームに夢中になりすぎて池に落ちてしまったり、強盗に襲われたりという事件・事故が多発している。スマホを万が一の危険から守るためにも耐衝撃・防水性能の高いケースを選んでおけば安心である。

  • Bengoo
防水保護等級はIP68に加え、2m以上の落下に耐える。現在amazonなどで値下がりしているためかなり手軽に手に入れることが可能なタフネスケース。

充電器(チャージャー)

  • Anker Quick charge 3.0
1Aのスタンダートなチャージャーの4倍の速度で充電することが可能。(35分で20%の充電であるのに対し、Quick charge 3.0ならば80%を充電できる)
  • 製品名/型番を入れる
おすすめの理由を入れる

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki